Q&A レッスン室から 音楽教育

親Q: 部活とピアノ両立できますか?

こんにちは。岩手ピアノ教室【ハルモニア】高橋麻利子です。

「部活とピアノ 両立できますか?」・・しています。

 

このご質問は とても多く

けれど 簡単に答えられることでもなく

「りんごとみかん どっち好きですか?」

くらいの 深い内容だと思います。

 

 

その子が 小さいころから 教えてきて

成長とともに いろんなことがあります。

 

メンドクサイことが 起こるから

ごはんが おいしい。

犬が かわいい。

花が きれいだ と思う。

 

 

2021年3月 レッスンの様子。ハンドボール部。盛岡。

 

 

「思春期は戦争」

2011年1月記事のリライトです。

 

雑誌「レッスンの友」2月号 に ピアニスト小川典子さん(東京音大卒)のお母様のインタビューがありました。
お母様のことは知人がよく話しておられました。芯の通った 素敵な方、という印象です。

記事の中で、思春期をどう乗り越えるか、という問題が取り上げられていました。

「思春期は戦争!」

「どうすれば時間を作れるか、考えてあげて」

という言葉は、先生にとっても思春期の子を持つお母様にとっても、心に止まる言葉です。

あたくし個人の考えでは、男の子と女の子では、思春期のピアノとの両立のさせ方は違うと思います。

男の子はバンバン反抗して、大人になって行きます。

女の子は、反抗したときに、

同性の大人たちが燐として正しいこと、間違っていることをきちんと指摘しないと、

ピアノ云々より人生が「あっち」に行ってしまいます。

「あっち」とは、軸からズレた方向です。危険な方向です。本当に注意してあげないといけない!

そのためにも、

幼い頃から見守って来たピアノの先生と、

お母様との信頼関係が築かれていることが重要 です。

 

思春期を乗り換えた子たちのピアノは、

それは素晴らしい成長を聞かせてくれます。

「本当に楽しい」とソナタやショパンを弾く頃…高校を卒業するのですが…

小さい頃からそこまで育てることは、喜びと感動に満ちています。

 

 

思春期はその間の、まさに「戦争」です!



 


インターハイ・国体選手 両立はどうしたの?

振り返って分析

  • お母さん自身がずっと続けていらっしゃるものがある。
  • お母さんが、教室イベントで「いろんな習い事をたくさんするのではなくて、ピアノだけでいいです。続けさせてあげてください。」とご挨拶。
  • お母さんがどんなに忙しくても、毎食ご飯を作ってらした。
  • 家族全員、食べることが好き。生きるエネルギーがある。
  • 基本、前向きな子。「風呂入って寝ると治る」タイプ。
  • お家、身だしなみがきれい。
  • 持ち物を丁寧に扱う。楽譜や文房具がきれい。
  • 感謝の気持ちを表す術をご存知。⇒目上の人から引っ張り上げてもらえる。

 

北上で長くやっていると

昔の生徒さんのこと 聞かれます。

 

インターハイ&国体選手で 高校生の時に市芸術祭で弾いた子。

お母さまとは今もお手紙頂いたり、ご一緒に料理教室したり・・

 

「どうやって 両立させてたんですか?」って

未だ聞かれます。

 

ハイ、大変でした。

レッスンは、夜9時30分~10時30分。

日曜日夜は、ハルモニアは全日本合唱コンクールに出ていたので、その練習。

よく頑張ったよ~

今でもお手紙くれるのは、ほんとに嬉しい♡

 

 

卒業前に その子が 門下生の後輩たちに 言ってましたよ。

「あたしもさー ピアノに行こうかな(進路) って

思ったとき あったんだよね。

コンクールで 入賞したとき。

 

けどさ 中学校 入って 練習しなくなってさ

お姉ちゃんが 怒るのさー。

『こんなんで マリコ先生のとこ 行くわけ?!』

お姉ちゃんには 厳しかったらしいんだ、 マリコ先生。

 

けど あたしは 怒られなかったなー

あ、

サイノー?

あたし サイノー あるから?

 

それで 怒られなかったんだ。

 

ギャハハハハ  (≧▽≦) 」

 

怒ったとき ありましたよ。

高校の期末テストのときね 

お稽古休みに しているんです、 高校生は。

 

なのに さくら野の フードコートで

もりもり 食ってた お友だちと。

 

怒った・・・(笑)

普段、怒らなかったのは

その子が 一生懸命 生きていることが

わかっていたから。

フードコートの件も

たまの休みだもの 怒っちゃいけなかったね。

お姉ちゃんは 音楽科進学。だから「厳しい」の。

 

大学も推薦ではなく 一般入試で一発合格。

そのことも ちょっとした「伝説」になっているらしくてね。

 

それに 関しても

色々 ありました。

 

成績悪かったとき 高校の先生に

「ピアノなんか 止めてしまえー!」

と 怒られた。

当時 ハルモニアは 合唱コンクール 一般の部で 出ていましたからね。

「なんだって???!!!」

と 先生 激高。

 

いや 成績上がれば 誰も 何も言わなくなる。

「止めてしまえ!」と怒鳴った先生を 良く観察してみる。

・・・

そしたら ファイトが湧いてきたみたいです。

 

私も 生徒たちの部活

私の知らない世界だけれど

それは 尊重してあげたいです。

 

子どもたちは 見抜くので

いくつになっても 精進 と 思います。

 

 

最後まで 読んでくださって

ありがとうございます。

 

マリコ

現在、月イチから受講可能のワンレッスンを承っております。

年齢、経験は問いません。

詳細はこちら★

高橋麻利子

岩手県北上市・花巻市 ピアノ教室【ハルモニア】

TEL 08084933718

お問合せ

 

 

 

2020年「子どもたちが社会への繋がりを感じるピアノ学習のために」

研究論文 発表しました。 「子どもたちが社会への繋がりを感じるピアノ学習のために」 専修大学北上福祉教育専門学校 2019年度 研究紀要 2020年4月発行  ピアノ指導の一環として 取り入れた 合唱 ...

続きを見る

「ソルフェージュ能力を高める幼児期のピアノ指導法の研究」&音大受験を考える

岩手ピアノ教室【ハルモニア】高橋麻利子 2014年8月発表 「ソルフェージュ能力を高める幼児期のピアノ指導法の研究」 専修大学北上福祉教育専門学校研究紀要     自分で読譜できる ...

続きを見る

ピアノ教室☆教育理念

こんにちは。 私の音楽教育理念についてお話したいと思います。 ピアノ教室ハルモニア 教育理念 教育理念を持つ 2011年11月東京女子大学キャンパスにて。   女の子こそ 学問をすべき とい ...

続きを見る

Q:華のある子って?「良い環境」って?

こんにちは。 岩手ピアノ教室【ハルモニア】高橋です。 12年近く続いたブログ dolce diary で 最もアクセスの多かった記事です。「華のある子って?」 ピアノ教育を通して、「華のある子」を育て ...

続きを見る

ピアノ教室☆卒業生進路 

こんにちは、北上花巻ピアノ教室【ハルモニア】高橋麻利子です。 当教室入会理由で一番多いのが・・ お父さん 「勉強して欲しい」 ・・・・・ん・・・・?ピアノじゃなくて? そうなんです! 入会理由トップが ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マリコ

岩手県ピアノ教室【ハルモニア】高橋麻利子です。音楽を通して、子どもたち、お母さんも元気にしたい!食べること、犬、花、写真、絵画鑑賞、編み物が好き。頭の中は常に「次なに食べよ♪」。

-Q&A, レッスン室から, 音楽教育

© 2021 岩手県北上市・花巻市ピアノ教室【ハルモニア】